たのしいこといっぱい

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
過去のたのしいこといっぱい

* RSS FEED

タグクラウド
たのしいこといっぱいBLOG

2018子どもフェスティバル

"2018年9月6日 4:42 PM | Category:行事


古城公園に高岡市内の年長児約920名が集まってこどもフェスティバルが開催されました。まずは準備体操のオリンピア体操を元気いっぱい踊りました。

台風の影響で、お堀のそばには行けませんでしたが、みんなで大きな声で万葉集を読みました。

ジャンケンゲームでは、3回勝つぞ!と真剣勝負していましたね。○×ゲームも東京オリンピックにちなんだ問題でじょうずに答えていましたよ。

忍者修行の忍者走りやくもの巣くぐり、保育園で作って持ってきた手裏剣投げ。みごとに悪者をやっつけましたね。

忍者修行のかかしのポーズ。20秒立っていられたかな?6つの技を身につけ、免許皆伝書をもらい、嬉しそうな笑顔が見られました。

たくさんあそんだ後のおにぎりは格別の味でしたね。楽しいことがいっぱいの1日でした。

H30 9月お誕生会

"2018年9月4日 7:27 AM | Category:行事


9月生まれの誕生会がありました。年長さんがドキドキしながらも?大きな声で進行しています。

お誕生日を迎えるお友だちは5人です!自己紹介の後、ピカピカのカードやお家の人からのあったかいメッセージをもらって嬉しそうでしたね。

今月はみんなで一緒に歌をうたいました。♪とんぼのめがねの歌は、振りをつけながらかわいい声で歌っていました。

ゲームの前に準備体操です。「がんばれ!」の曲で元気いっぱい体を動かしています。

負けないぞ~‼の気持ちを込めて気合を入れます。あか組さんもあお組さんもやる気満々です。

2人組になるので、大きい子は小さい子の様子を見ながらリードしていましたよ。今日の対戦は、まったく同時にゴールで、仲よく引き分けでした!

地蔵盆

"2018年8月23日 4:14 PM | Category:みんなの様子


今日は暑かったので、ひよこ組さんはワゴンに乗って南町公民館へ地蔵盆のお参りに行ってきました。

お参りはワゴンから降りて、先生と一緒にしました。やっぱりお菓子やジュースが気になるようでしたが、じょうずに手を合わせていましたよ。

あか組さんは、本町のお地蔵さまにお参りに行きました。きれいな飾りとお供え物に目を奪われていました。近所の方も一緒にお参りしておられました。

“いつも子どもたちを見守って下さっているよ”話をすると静かに手を合わせていましたね。お地蔵様の前で、記念写真を撮りました。

自分で作った折り紙の財布からお賽銭を出し、一番上におられるお地蔵さまのお顔を見てお参りしました。

あお組さんは南町公民館の前で写真を撮りました。
暑かったけど、元気いっぱい歩けましたね。

H30おはなしの会8月

"2018年8月21日 7:33 PM | Category:おはなしの会


今月も坂本さんが来て下さって、おはなしの会が始まります。どんなお話しが出てくるのか楽しみに待っている子どもたちです。

最初のおはなしは『ならなしとり』というおはなしです。落ち着いた雰囲気の中なので、すぐに引き込まれていきます。

次のおはなしは『ちいさいちいさい』です。話す声もちいさかったので、しっかり聞き取ろうとだんだん前かがみになっていきます。おしまいだけ一言大きな声で言われ、みんなびっくりしていました‼

どんぐりをつかって唄に合わせ、わらべうたあそびです。“聞いたことある~”と、すぐにまねをして遊びました。

最後は『金色トサカのおんどり』のおはなしでした。ストーリーはちょっぴりハラハラするものでしたが、くり返し歌がでてきて優しい声で歌われるので、癒された気持ちになれたように感じましたよ。

テントウムシの形をしたろうそく立てを見て、“かわいい!”と喜んでいた子どもたちでした。願いごとを考えてから、吹き消してもらいました。

H30盆踊り納涼祭

"2018年8月21日 7:30 PM | Category:行事


楽しみにしていた盆踊り納涼祭。浴衣を着た子どもたちがお家の人と一緒に夕方から登園してきました。保護者会主催のコイン落としゲームや、

おかし釣りに、夢中になっていましたよ!どのお菓子を釣ろうか真剣です‼

ちょうちんの灯がともり、保護者の方も和気あいあいとバザーのやきそばを味わっておられました。

暗くなってから、いよいよ盆踊りが始まります。年長さんがやぐらの上でお手本を見せながら踊ります。掛け声やポーズがかっこよかったですね。

やぐらを囲んで他の子どもたちも元気に踊っていましたよ!お家の方も一緒に参加してくださり、とっても盛り上がりました‼

最後は恒例の花火です。次々ときれいな花火が吹き出し、歓声があがっていました。