たのしいこといっぱい

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
過去のたのしいこといっぱい

* RSS FEED

タグクラウド
たのしいこといっぱいBLOG

英語であそぼう6(ぞう)

"2016年12月5日 7:50 AM | Category:行事

いつものように準備体操?をかね、音楽に合わせてHead,shouiders,Knees and Toesを踊ります。何度もしているのでスムーズに踊れるようになりました!

大きくなったり小さくなったり、右や左へ行ったり、先生の言われる単語を聞いて動きます。

大きな輪になりHokey Pokey♪の歌で、right・leftのおさらいをしましたが、向かい合う子につられ、逆になってしまう子がたくさんいました(笑)

新しい単語は動物の名前です。よく知っているdog やcatは言えましたがduck(アヒル)や rooster(雄鶏)は、ちょっと難しかったですね。

日本語と英語での鳴き声の違いもおしえてもらって、動物ジェスチャーを楽しみました。

どうぶつがたくさん出てくるお話しです。くり返しのところは、子どもたちも一緒に英語で言ってみました。今日、習った動物が出てくると喜んで単語を口にする子もいましたよ!

消防車が来たよ(避難訓練)

"2016年11月29日 6:15 PM | Category:行事


今日は避難訓練があり、戸出消防署の方が訓練の様子を見て下さいました。

小さい組のおともだちは、避難訓練のベルが鳴った時、ちょっとびっくりしたけど、終わったらもう大丈夫!消防車に興味津々です。

今回は実際の消火器を使った消火訓練もしました。火がつけられると子どもたちの表情も変わり、じっと見ていましたよ。


消火器から白い粉が出ると、けむりのようになり真っ白になりました。

だんだん炎が見えなくなって、火が消えたことがわかると、子どもたちもホッとした様子です。

年長さんは防火服を着て記念写真を撮りましたよ。ポーズがバッチリ決まっていますね!

2016生活発表会

"2016年11月29日 7:24 AM | Category:行事


平成28年度の生活発表会がありました。たくさんのお客さんが見に来て下さり、年中さんの歌と合奏で始まりました。

子どもたちはいつもと違う雰囲気の中、緊張した様子でしたが、年少さんも元気な歌声や合奏を発表します。

年長さんのピアニカはきれいに音がそろっていて、とっても素敵でしたね。

ひよこ組さんは初めての発表会!お部屋で楽しんでいる歌やあそびをかわいく表現しています

年少さんは大好きな「たいさなたまねぎさん」の劇遊びです。大きな声でセリフが言えましたよ!

年中さんは「100かいだてのいえ」を自分たちでアレンジして、それぞれ得意なことを披露しました。

プログラム最後は、年長さんのオペレッタ「ジャックとまめのき」です。自信をもち役になりきって演じていました‼

H28 0.1歳児懇談会

"2016年11月16日 5:00 PM | Category:行事


0.1歳児さんは、発表会の代わりに懇談会を行いました。園での生活の流れやお子さんの様子をスライドで紹介します。お家とは違う姿を、笑顔で見ておられました。

事前にアンケートをとらせていただき、共通の悩みについて話し合いをします。解決にはならなくても、聞いてもらったりみんな同じなんだな~とわかるだけで、気持ちが楽になりますね。

廃品を使った簡単手作りおもちゃ(輪っかとおし)を紹介し、話しをしながら、作ってみました。

お昼寝の目覚めに合わせてお部屋に戻り、一緒におやつの時間です。“何でママがいるの?”とキョトンとした後は、すぐに甘えて喜んでいました!

最後は親子ふれあい遊びや歌、シアターなども楽しみましたよ。

いつもはなかなか会えないお母さん同士お話ししたり、お子さんから出てくるお友だちの名前の子がわかったりと、有意義な時間になったように感じました‼

善興寺開基1300年記念法要

"2016年11月16日 7:46 AM | Category:行事


善興寺のお寺が開かれて1300年経ったことをお祝いする記念法要がありました。前日の夜の記念ライブのメモリアルサービスには職員と土曜学校の小学生が歌をうたいました。

きれいな衣を着たお坊さんがホールにたくさん集まってこられました。


記念法要は、園児たちがお坊さんたちと一緒に保育園からお寺まで歩いて行きます。旗が立っていたり、お御堂にきれいな幕が張ってあったりしましたね。

雅楽の方に続きお御堂へ入ります。いつもと違う雰囲気に少し緊張している様子がうかがえましたよ。

仏さまに合掌・礼拝でご挨拶します。みんな静かに手を合わせお参りできました。

「正信偈」というお経に合わせて、もう一度内陣のまわりを歩きました。なかなかできないお参りに参加できたご縁を大切にしたいと思います。