どんなところ?

  • 基本理念・保育目標・特色
  • 概要・アクセス
  • 1日の過ごし方・特別保育

 中田保育園は、自然に恵まれた環境の中で、お寺の敷地内に隣接され、昭和6年に、農繁期託児所として開設されて以来、約80年の歩みを迎えています。
 昭和52年に新しく園舎を増新築し、それ以来裸足保育を実施しています。子ども達の心と体の健康を願って、生まれてから成長していくありのままの生活スタイルをベースに自然体験を通して生きる力を育み、モンテッソーリ教育の志をめざして、主体的に遊びや生活体験ができる環境を整えています。


基本理念

●私たちは、仏様を拝み、“生かされている私”であることに  感謝するこころを育てる「まことの保育」を実践していきます。●私たちは、子どもの心に寄り添い、子ども達がいつも瞳を輝かせ、主体的に遊びや生活を楽しむ中で、自ら伸びようとする力を育みます。●私たちは、子どもの健やかな成長のために、常に豊かな感性と感動する心を持ち、人間性と専門性の向上に努めると共に、家庭の子育てのよき理解者であり続けます。

保育目標

恵まれた自然環境のもとで、いきいきとして遊びを展開し、豊かな心を培う●命を大切にする●自主性を育てる●思いやりの心を育てる

保育園の特色

仏教保育

命を大切に思いやりの心を育む。

はだし保育

心身ともに健康な身体づくりをめざす。

縦割り保育

異年齢や兄弟とのかかわりを通して、いたわりの心や生活習慣の基礎を培う。

おにぎり保育

豊かな自然とのふれあいを満喫することで、四季の変化や五感を楽しむ。

モンテッソーリ保育

成長発達に即した環境を整え、生活や遊びを通して自主性・主体性のある子どもをめざす。

歌の集い

歌を通して、友達と歌う楽しさを共有し、豊かな心を養う。

中田絵本文庫

絵本に親しむ機会を持つことで、想像の世界を広げ、感性を育てる。
読み聞かせを通して親子の絆を深める。

   
浄土真宗本願寺派 飛鳥山善興寺 昭和6年、農繁期で忙しい保護者の皆さんからの要望により、善興寺が託児所として開いたのが現在の中田保育園です。